電子水・エレクトロンチャージャー・ピュアフル21・空気清浄機・炭素埋設・電子加工されたヨモギ粉等の販売
mog野田、電子水の井戸
HOME > 炭素埋設について > 炭素埋設



地球には南北に磁力線、東西に電気力線があり、自転運動をすることでそれぞれが交差する場所に電磁場エネルギー、つまり「磁場」が発生します。この磁場は、地球の表面にある山・谷・川・海だけでなく、造成地・埋立地・建造物・樹木・下水路などにも大きく影響を受け、磁力の強い場所(優勢地=イヤシロチ)と弱い場所(劣勢地=ケガレチ)に分かれてしまいます。炭素埋設とは、土地の優劣を見分け、人為的に炭素を地中に埋設することによって磁場のバランスを調整向上させることをいいます。

※劣勢地:昔から作物の出来が悪い場所。病人が出やすい家(土地)



■炭素埋設の炭素量の目安 (1穴当り)
農地   200〜300s以上
住宅、工場 優勢地帯 500s〜1000kg
畜舎等 普通地帯 1000s
  劣勢地帯 1000s以上

炭素埋設の作業の様子です。
炭素埋設についてのお問合せはこちらまで。



有限会社 MOG野田(エムオージー)〒501-3303 岐阜県加茂郡富加町羽生519-1TEL:0574-54-2515 FAX:0574-54-1297
ホームお問合せ
     

Copyright(C) MOG Noda.All Rights Reserved.